転載元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556532176/
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/29(月) 19:02:56.07 ID:QiVT+b6x9
歌手の松崎しげる(69)が29日、千葉・ユアエルム八千代台店で行われたbayfmの公開生放送「SPRING FESTIVAL」に出演し、
今後の野望を「今度の東京五輪で聖火ランナーをやりたい」と明かした。

松崎は1949年生まれ。前回、64年の東京五輪の際は、東京・江戸川区で聖火ランナーの伴走を務めたという。
松崎は「15歳だったんで、年齢制限で聖火が持てなかった。
野球部のキャプテンだったんで、中2で走ることができた。2大会連続でやりたいね」と強い意欲を見せた。

松崎は聖火ランナーの経験がある。98年の長野冬季五輪の際、スポンサー枠でリレーのメンバーに選ばれ、愛媛県内を走った。

ライブでは、お得意の「愛のメモリー」などを披露した松崎。11月で70歳となるが「やっぱりステージで歌っているのが最高。
これにまさる物はない」と元気いっぱい。過去の経験を生かし、聖火ランナー実現に目をギラギラさせていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16391303/
2019年4月29日 17時10分 デイリースポーツ

no title
 
 

愛のメモリー 松崎しげる

続きを読む